読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

loveuphoria

おもひでぽろぽろ

博多座よぉ〜いやさ〜

おととい滝沢歌舞伎を観に行ってきた。初の博多座公演。3月の福岡県は外がぽかぽかと暖かくてまさに歌舞伎日和だった。

f:id:pokehapi101:20170425201413j:image
滝様の舞台はSnow ManにのってもSnow Manのファンにとっても大きいものなのだろうと思う。深澤くんをちゃんと担当として好きになって滝沢歌舞伎に行くのが夢だった。だから滝様の舞台に立っている姿を観たら、何かしら変わるんだろうなと。
何年も続いているこの舞台を観劇するのは2013年の演舞場に続いて2回目。ちゃんと深澤くんを好きになってから観るのは初めてだったので、言葉にできないくらいのドキドキと不安でいっぱいだったが、やはりとても世界観やストーリーに引き込まれる舞台だった。2幕の義経。今年は三郎役ではなくなってしまったのは少し寂しかったし、三郎と比べると少し物足りなかったなとは思ってしまった。けど、のりぞうはより深澤くんらしさが出ていたというか。滝様の愛がこもったオリジナルの役をがむしゃらに演じきっているところ。京の町のシーンで滝様や京本さんにアドリブでいじられて、嬉しそうにふにゃっと笑っているところ。のりぞうが可愛かったな〜でも深澤くんも可愛かったな~と思うのはそういうことなのかなと思う。
博多座での深澤くんはとても楽しそうにお芝居をしていた。自分が滝沢歌舞伎を観劇して楽しかったという感想はもちろんだけど、深澤くんが楽しそうで嬉しかったという感情も抱いた。彼がこの舞台で何年もかけて得てきたものが様々なシーンに垣間見えた気がして、すべて愛おしくてたまらなかった。わざわざ博多座まで足を運んでよかったなと思う。4月からの新橋演舞場での公演もとても楽しみだ。またひと味違った滝沢一座を観れるのかしら。今年の春も深澤くんが好きで幸せな季節になりそう。