loveuphoria

すのーまんとMADEの記録です

冬のおもひでぽろぽろ

f:id:pokehapi101:20170503154250j:image

ジャニーズオールスターズアイランドが千穐楽おめでとうございました。冬帝劇はどうも苦手だからあまり気がすすまない…なんて言っていたけれど、なんだかんだ12月は5回、1月も1回だけ観劇した。冬の深澤くんは髪型あれこれ変わることが多いからちょっと楽しみにしていたけど、ずっと色暗めの丸っこくてすっきりした髪型。アイランドは目が足りないくらい内容が盛り沢山なので忘れないうちに感想を。

まずオープニングで布が落ちてあの豪華なマンションが出てきた瞬間は何度みても鳥肌が立つし、その後のグループごと紹介するところのSnow Manの踊りもだけど、「なんちゃら〜We are Snow Man!」のところ他のグループより少し歌声が低めなのかっこいい。このマンションが左右に二つに分かれて始まって、最後はマンションが閉じてエンディングになる演出がすごくいいと思った。

戦争のときの深澤くんの台詞の「でも本当に撃てるのかな…俺なんかに…」で銃を見つめる目がとても儚げで、そして覚悟を決めてるけれど優しさも残っているような気がした。このとき少しだけ背中をこちらに向けて銃を持ちながら立っているのだが、その背中がとても頼もしかった。

ヒンデンブルク号のシーン。ちんまり端っこでメモとってる深澤記者がすっごく仕事できなさそうな記者さんでたまらなく愛おしい。セリフもないしただメモを取ってるだけなのに結構好きなシーンだったりした。12月28日の公演で気がついたのだけど、ヒンデンブルク号の爆発のとき逃げなきゃなのによいしょよいしょって手で足を地面から離そうとしてて。足がくっついちゃって逃げられないよ〜の設定だったのかな?細かいお芝居でよりリアルにその悲劇を表現したかったんだろうな。

そして12月公演のDinga。タマのバックにつく深澤くんはどこから話していいかわからないほど、終始かっこよくて色っぽくて。俺の踊りを見ろ!って感じるくらい堂々ときれっきれに踊っていた。サビの腕組みながら踊るところで俯きながらちょっと悪いお顔するのが本当にかっこよかった。深澤くんの伏し目がちなところや、スタイリッシュな衣装などなどDingaは私の好きなポイントが詰まった1曲だった。映像に残してくれないかな。色っぽいだとか美人さんなどの言葉を多用しすぎだとは思うけど、深澤くんの生粋のジャニーズ培養のダンスを引き立たせて、本当に儚げで綺麗で魅力的だなと感じた。あとはやっぱり明日に架ける橋で岩本くんたちと恋ダンスをする深澤くんが可愛くて可愛くて!これを観てから誰かに会うたびにずっと可愛いって言っていた気がする。

12月公演の千秋楽のゲストはKis-My-Ft2だった。ぶっちゃけ来る予感はしてたけどね(笑)1人ずつメンバーカラーのスポットライト浴びて歓声の中に登場する7人がすごくかっこよくて。そしてPSYCHOの衣装でGravityとFIRE BEATを披露。7人で帝劇の舞台に立つなんて何年振りなんだろう…なんてことを考えてたらあっという間に終わってしまった。がやさんの真似をして指で唇なぞって投げキッスした深澤くん。照れくさいのかわからないけど投げキッスをしながらずっとニヤニヤ微笑んでいて可愛さもあった。Accrobaticの衣装でヘドバンなんてこれまた珍しいものが見れた。

あと12月18日の夜公演のこと。17日のバスケでなにかあったらしく、昼公演で深澤くんがほとんど不在だったというレポを読んでなんとなく察してはいた。1幕はほとんどいないしすぐ捌けちゃうけど、舞台に出てるところでは深澤くんの笑顔があったから安心した。でも頑張ってほしいけどあまり頑張りすぎないように…と客席から祈らずにはいられなかった。OPでいないのがわかったときはぐっとこみ上げてくる気持ちはあったし、深澤くんがいるこの舞台をすでに見てたから、代役になってたりいたはずのところがぽっかり空いてるのを見るとやっぱり胸が苦しかった。でも壁フライングや和太鼓やスネアは本当にいつも通りで、きっと今の深澤くんにできることをやって舞台に立ってる姿を見せてくれたのが嬉しかった。でも怪我にだけは本当に怖いから気をつけてほしい。

ステージに立つ深澤くんはとても素敵でいつも胸を打たれる。冬の帝劇の舞台は毎年、いい意味で個性が殺される気がする。舞台に立つメンバーの一部となって他の人のサポートをすることもあれば、深澤くんが1番前に立ってパフォーマンスすることもあって、光を浴びる姿もバックに徹する姿もどちらも同時に見られるのがいいなと思う。もっとあそこちゃんと観ておけばよかったな〜みたいな心残りがすごくある。何はともあれ2ヶ月間お疲れ様でした。春までゆっくり体を休めてください。